・・・

地震から4か月たとうとしています。

原発事故もほとんどニュースでも流さなくなり

気にしていない方には終わった過去の事故になっているようですが・・・



住んでいる横浜の線量は0.08マイクロシーベルト~0.14マイクロシーベルト。

0.1マイクロ超えてくると年間1ミリ超えてくるので要注意です。

さらに、横浜市の学校給食!!汚染地域の食材をふんだんに検査もせず使っています。

土壌も汚染され鶴見や保土ヶ谷の公園では500ベクレルを超えた汚染が発覚しています。

にもかかわらず、学校では除染もせず例年通り田植えや、畑作業・・・


横浜でも子供が住むにはむずかしいと思っています。

福島はもちろん、茨城、千葉、東京の線量の高い地域は、チェルノブイリの時

旧ソ連でも避難地域にした値なのに、日本政府は全く何もしてくれません。情報も隠ぺいするし。

どうなってしまうのでしょう??




とりあえずできることは、汚染された食べ物を食べないこと。

特に牛乳は汚染地域の牛を政府が全国にばらまきやがりましたからどこの物も安全とは言えないようです。

あとは、キノコ、野草、山菜。

小魚、海藻、貝、甲殻類・・・気を付けなければなりません。



いくら気を付けても日本政府は汚染された汚泥をコンクリや肥料に混ぜて

全国に拡散しようとしていますから

はぁ~もう無理かも。。。






こんな、しょうもないブログを書いている主婦でさえ

汚染されたものを全国に拡散したらダメだってわかるのに

なぜ、わざわざ日本政府はそんなことをするの?

わざと日本を破滅させようとしてるみたい。










被災地復興する前に、汚染度のひどい土地の人は移住して

やり直したほうがいいのではないでしょうか?

汚染された畑、汚染された漁港を復興させて

汚染された野菜、汚染された海産物を流通させる。

日本全土に汚染された加工品が出回り

焼却された煙、灰から汚染物質が日本全土を汚染する。







福島、近県の汚染地域は放棄。

西日本に町単位で移住して

汚染されていない畑で農業をして

汚染されてない海で漁業をする。


全国で出ている下水施設の汚染された汚泥などは

福島原発の近くに集める。

シンプルに考えるとそうなってくるんじゃないのかなー。・
[PR]
by mri-tan | 2011-07-07 09:40 | 日々の事