はーちゃん、サウナ?

御年13歳になる我が家のスーパーアイドルはるちゃん。

この連日の猛暑の中元気にガルガル過ごしています。

健康の秘訣は?
b0087914_8562195.jpg


お日様かんかんの中ベランダの窓を開けてあげると必ず出ていきサウナってます。
b0087914_859125.jpg


南向きでかなり暑く、人間も裸足じゃちょっと出れないくらいなのに

しばら~くフセしてハアハアいいながら頑張っています。
b0087914_905922.jpg


光合成でもしてるのかしら?
[PR]
by mri-tan | 2012-08-31 09:09 | わんこ

ある日のはるちゃん

テーブルの上に大きいみたらし団子
b0087914_22451121.jpg
と、思ったらはるちゃん!?




コラッ!
b0087914_22464198.jpg





テーブルに乗っちゃいけません!!
b0087914_22465022.jpg






ふと、見たらクーラーの風が直撃するテーブルの上で寝ていました(--;

困ったわんこです。
[PR]
by mri-tan | 2012-08-30 22:48 | わんこ

富士山 下山

7合目でたっぷり休憩を取り下山することに。


b0087914_21351413.jpg
b0087914_21361211.jpg
頂上、見えているのに・・・(TT)


さあ、砂走りに入る前に変身です!
b0087914_21375226.jpg
帽子、タオル、グラサン、マスク、スパッツで完全装備です!!


7合目手前でナメクジが如き足取りだったももさん、

天狗の子のように砂走りを駆け下りていきます(^^;
b0087914_21393284.jpg

この斜度。わかるかしら?すごく急です。
b0087914_21451152.jpg


砂走り、最初のうちはよかったのですが結構長くて

ガリガリの砂礫の急こう配を下っているとつま先の負担が半端ないです。

サイズのきついハイヒールで何時間も都内を歩き回った痛みです。


それでも驚異の1時間半ほどで、入り口にある神社に到着。
b0087914_2156269.jpg


須走にある温泉で砂と汗を流し、途中の東名のサービスエリアで仮眠をし

明るいうちに横浜まで戻ってきました。



一人だったら登れてた気がする・・・来年リベンジしてやる!!
[PR]
by mri-tan | 2012-08-29 21:56 | お外

富士登山

さて、富士山登山編。

5時に起床して車の中で軽く朝ごはんを食べ6時前に出発しました。

須走口の最初は林の中の日陰の道です。
b0087914_1125167.jpg


時たま見晴らしの良い所に出ると雲海が見えます。
b0087914_116482.jpg


6合目まで結構長いのですが、高山植物や蝶やアリなどの虫もいて

気を紛らわせながら登れます。
b0087914_1184026.jpg
b0087914_1185692.jpg
b0087914_1191580.jpg


6合目を過ぎると木陰も少なくなり、ジャリジャリした道をジグザグにひたすら

登っていきます。


眼下の眺めも高度があがってきた感があります。
b0087914_1211842.jpg


6合目までもやっとだったモモさん・・・

7合目の手前で急ブレーキ。空気が薄いせいか寝不足なのか眠気に襲われているようで

少し歩いては休み、歩くかと思ったら休み・・・

7合目の山小屋は見えているのになかなか進みません(--;

到着したのは11時過ぎ。出発から4時間以上たっていました。

山小屋のお兄さんに頂上までの時間を聞くと今来た時間と同じくらいかかるそうで

順調に登っても夕方4時近く。それから下山するとヘタすると暗くなってしまいます。

それも順調に登って時の話で、今のモモさんの感じではもっと時間がかかりそう。


という事であっさり下山を決意。

7合目でタップリ休憩して砂走りを下山することにしました~。

下山編
[PR]
by mri-tan | 2012-08-26 01:31 | お外

富士山 装備

今回の富士山、軽装備で行きました。
b0087914_8422710.jpg


小さいリュックに防寒着・レインコート・軍手・レッグウォーマー・ホッカイロ・懐中電灯・ウエットティッシュ

薄手のバスタオル・ガムテ

もっと小さいショルダーに頻繁に出し入れするお財布・カメラ・風船

あとは水500m2本・午後茶500m1本・梅干しおにぎり・カロリーメイト・お菓子・・・くらいかな?



服装も普通の半袖Tシャツ、ショートパンツ、靴下、スニーカー、帽子で行きました。

天候も調べて、日の明るいうちの登下山、

天候が悪くなったらすぐに下山しようと思っての装備です。

雨が降っても槍が降っても登頂したい人はバッチリ装備して行って下さい。




なぜ、急に富士山かというと、急ではないのです。

何年も前から入念な情報収集と、妄想による各、登り口からの踏破をへて

マイカー規制時は避け、天候がよく、習い事が無く、お留守番の犬の世話役がいる日で・・・と

狙い続けて早数年・・・今だっ!!と夕方に思い立って夜に出発しました(^^;



夜中に5合目に行き車中泊し早朝から登りはじめ昼過ぎには登頂し

下山して帰る、というプラン。

妄想に数年費やしただけある素晴らしいプランでした!(自画自賛)



まず朝行くと駐車場がエライ事になっていますから登山口から何キロも下から

登りはじめなくてはならなくなったりします。

私は夜中の12時頃着いたのですがそれでも駐車場は満車!007.gifしか~し

指示された路駐場所は登山口の最短場所ん!駐車場よりも近かったかもしれない016.gif

そして車中泊。いきなり登り始めるより高度順応できるうえに満天の銀河&ご来光&雲海が

混雑もなく鑑賞できます。スバラシイ072.gif


子連れだと山小屋で1泊が成功率が高いそうですがどうしても泊りの荷物が増えるのと

運悪く混んでいると、知らないおっさんの真横で就寝、もっと悪いと頭と足の互い違い~!!

と耐えられそうにないので日帰りプランを立てました。



それから高山病対策。父に連れられて登った2度の富士登山は2度とも

霊峰富士に(ケロケロっと)置き土産をして頭痛、吐き気、眠気で惨敗。

今回こそはと前夜からの高度順応、腹ごしらえ、睡眠そして最終兵器の風船!

酸欠による高山病は風船を5分くらい膨らませてると治ると聞いたので

休憩ごとにプープー膨らませてはしぼませながら行きました。


コレ、効果は絶大!!疲れが吹っ飛びます。

あとは口元をニヤリと緩ませながら登ること。

脳をダマして辛いと思わせない作戦。気持ち悪い光景かもしれませんが・・・




そんなこんなで満を持して臨みましたが、結果は7合目で下山してきました(^^;

アハハハハ・・・次回は一人で行ってやる・・・




登山編はまた次回・・・
[PR]
by mri-tan | 2012-08-24 09:27 | お外

お月様と三角形

夏の夜空と言えば夏の大三角形。小4の必須アイテム(^▽^)

でも、昨日いい月がでてるな~と夜空を見上げたら

見慣れぬ三角形を発見。
b0087914_23184585.jpg
しょっぼいデジカメなので毎度、夜空はこの程度の写りですが

見やすいように印をつけるとこの位置です。(真ん中の線は電線です^^;)
b0087914_23182784.jpg


見慣れないと思って天文台の「今日の星空」で調べたら

月に一番近い、赤い星が火星、高い位置のが土星、下の白い星がスピカだそうです。

ほ~。惑星は毎日ウロウロ動いているから、なかなか見れない三角形かも☆



ちなみに

惑星は動く星(月とか地球とか)、恒星は自ら光って動かない星(太陽とか)らしいですが

ていうことは、毎晩、決まった時間に決まった位置に出てくる星座の星たちはみんな

恒星ってことでしょうか?


それと、太陽に照らされてる火星や土星はキラキラ揺らがないと

聞いてそう思っていたのですが昨日のはどう見ても

キラキラしちゃってたんだけど・・・?


宇宙は謎だらけです。
[PR]
by mri-tan | 2012-08-23 23:31 |

なんと!富士登山

急に~富士山行ってきました!

夜10時頃横浜を出発し12時頃須走口へ。

ま~暗い富士あざみライン、怖かった~!!

5合目駐車場に到着すると満車で路上に止めて下さいとのこと。

駐車して外に出てみると・・・

富士山に山小屋の明かりが見えます。
b0087914_20125027.jpg


ウキャ~満天の星!!
b0087914_2013768.jpg

ハハハ(^^;お星さまの写るカメラ買ってくれ~!

ものすごくキレイでした。天の川なんて天の川って書いてあるみたいにくっきり!

お星さまもビカビカでいっぱいありすぎて何の星座やらさっぱりわからないほど!

そして眼下には街の明かり
b0087914_20165184.jpg


3時半頃トイレに起き200円の情報料(トイレは有料です)で仕入れた情報によると

朝の5時頃、赤富士とご来光が見れるって!!



車中泊して朝、5時5分前に目が覚めました。

そしたらこの景色!

















b0087914_20212068.jpg
            赤富士
b0087914_20215710.jpg




b0087914_20223714.jpg

雲海 
b0087914_2023220.jpg







御来光!! 
b0087914_20291826.jpg


・・・もう、満腹です(^-^)



登山編につづく・・・

下山編
[PR]
by mri-tan | 2012-08-22 20:25 | お外

今日の空

おうちを3階建てに建て替えてから

毎日、西の富士山を見るのが楽しみになっています。
b0087914_2164453.jpg
朝の富士山。雪まで見えます。




夕方の富士山
b0087914_21124786.jpg
右の山頂から狼煙のような雲が001.gif


引きで見るとこんな空!
b0087914_21144736.jpg
b0087914_21151346.jpg
火の鳥!

右下に富士山、左上にお月様
b0087914_2116194.jpg
キレイでした!
[PR]
by mri-tan | 2012-08-20 21:16 |

 ! 青い虹 !!

夕方、ふと空を見たら見慣れないものが・・・
b0087914_21171229.jpg
b0087914_21174080.jpg
b0087914_21175234.jpg





東の空から西の果てまでびゅーッと青い筋が。

大気の関係で雲と雲の隙間に青空が見えてるのかと思ったけど

西の方は青いレーザーライトみたいです。

結果これは「青い虹」かな?



御存じの方がいらっしゃったら教えてください☆



ちなみにこれは昨日の虹。
b0087914_21265242.jpg
七色です。
[PR]
by mri-tan | 2012-08-19 21:27 |

山梨キャンプ!

今年も行ってまいりました山梨キャンプ。




行先は南アルプス市のウエストリバーキャンプ場。

最寄は中央道の昭和甲府インターですが中央道の相模湖インターに行くまでが遠いので

東名で富士宮まで行って寄り道しながら富士山の横を北上しました。




まず、最近頻繁に訪れている白糸の滝。
b0087914_226395.jpg


雨上がりでモヤが立ち込めていました。

震災後の富士近辺の震度5の地震の影響か

崩落の危険があって立ち入れないところがありました。

早く復旧するといいんだけど・・・




滝から朝霧高原の方へ車を走らせていると立派な鳥居。

見ると「人穴神社」

  !  行ってみたかったところだわっ!とUターンして

人穴神社へ。
b0087914_22115296.jpg


新しめな社殿の右側に人穴へと続く階段があります。
b0087914_2226366.jpg


ちょっと怖いので中に入るのをためらっていると、中から子供たちの声が。

ハイキングに来ているグループでした。ちょっと、ホッとして中へ。。。

階段を数歩降りるとスゴイ冷気です。涼しぃ~!

中は、真っ暗!!
b0087914_22321157.jpg
ホントに真っ暗。平成生まれの子たちは暗闇っうものを知らないでしょうから

この暗さを体感できるだけでも価値があります。が、パパもモモも興味が無いので

車で待機です(--;冷たい奴らだよ。

ヒンヤリ、真っ暗の中を携帯の光で歩いていくと石碑がありました。
b0087914_22325266.jpg


他の方のブログを見るとその奥にも道がつながっていたようですが

知ってても、怖くてこれ以上は無理だったな。真っ暗です。

さて、人穴を後に、朝霧高原を過ぎキャンプ場へ。



次の日は昇仙峡へ行きました。

去年も来て、絶対また来たいと思っていた所。

b0087914_2236511.jpg
b0087914_2237730.jpg
b0087914_22371938.jpg
b0087914_22373632.jpg
b0087914_22375848.jpg


猛々しい岩山と清流が圧巻です。

ロープウエイで山頂へ。

b0087914_22391183.jpg

去年は山頂右手の神社しか見なかったのですが

左手の岩山の上に行けるコースへ。
b0087914_22402778.jpg
独特な白い岩肌の岩。

下は断崖でスリル満点です。

ここ、パワースポットの売りがゴリゴリにあっちこっち書いてあるのでうるさいのですが(笑)

まさにパワースポットだと思います。

展望台の富士山の方から吹き上げてくる風はとても気持ちがいいです。
b0087914_2246297.jpg
と言っても展望はこんなモヤモヤでしたが(^^;

下山して歩いてすぐのところに滝があるというので滝を見に。
b0087914_22475715.jpg

なかなか大きい滝です(^-^)岩肌がカッコイイ!

それよりもすごい感じがしたのが滝から振り向いて上を見上げたところにある大きな亀裂。
b0087914_22501173.jpg
何なんでしょうね~?
どういう現象でこうなったのか?とても圧倒的なパワーを感じる凄い裂け目です。

b0087914_22515461.jpg
b0087914_2252224.jpg


最終日は渋滞を避けるため9時過ぎにサッサと退散。

帰りは中央道の大月から富士五湖道路を通って

御殿場のアウトレットによって帰りました。

ビバ山梨!
[PR]
by mri-tan | 2012-08-17 22:54 | お外